ご挨拶

 札幌日置株式会社は昭和37年5月に、東京に本社を置く日置株式会社の札幌支店として創業いたしました。以来、順調に成長をし、昭和56年7月に事業を継承し、札幌日置株式会社として独立し、現在に至っております。

 その後も北海道の厳しい経済状態の中で、我々の本業とする建築設備用の断熱材を中心に、管材設備商品、内装建材商品、産業土木資材、建築設備工事といった分野の卸売業として堅実経営をモットーに運営して参りました。昨今では、変化する時代のニーズに応えるべく商品開発に傾注し、環境問題をテーマに無公害でリサイクル可能な商品提案を他社に先駆けて発掘し、いち早く市場に供給すべく努力を日々行っており、今後の北海道の建設資材卸売り業界における新しい商売の形を追求していきたいと考えます。

 弊社はこれからも、お客様をはじめ取引先各位のご要望に応えるべく企業として、現状に満足することなく、つねに時代の先を見据え、一歩先をリードする企業を目標に、全力を尽くして参りたいと思います。また、日置グループの中核企業としての自覚を持ち、新分野への取り組みを積極的に行っていく所存でおります。今後とも、札幌日置株式会社をはじめ、日置グループ各社の活躍をご期待いただきたいと思います。

代表取締役 日置 伸一